TEL:092-707-0282受付:09:00〜18:00 定休日:土・日・祝

福岡での借金、債権の消滅時効の手続は司法書士フィオルーナ法務事務所へお任せ下さい。

消滅時効

令和2年4月1日より債権法改正により、消滅時効の成立について次のように変更されました。

債権者が権利を行使することができることを知った時から5年
権利を行使することができる時から10年

貸したお金は返済日(弁済期)が到来して初めて、お金を返しなさいと請求(権利行使)できます。
①は返済期日を知っているのに期日が到来しても請求せずに放置していたら、請求権は5年で消滅しますという規定。
②は請求できるのにそことを知らない場合、知らない以上請求しないであろうから5年で消滅するのはかわいそうなので、10年まで伸長しますという規定。

①は借金の時効に関係します。金融機関からの借入は契約書に返済日が記載されていますので、権利行使できる日を知っていることになり一律5年の消滅時効が適用されます。
②は返済日が決まっていない場合の貸し借りや、過払請求権に関係します。

ただし、改正前に既に生じている債権や、改正後に生じた債権であっても、その原因が改正前に生じていたら、改正前の規定が適用されますので注意が必要です。

当事務所にご依頼いただければ、司法書士がしっかり検討して適切な方法で古い債権(借金)を時効により消滅させる手続を行います。

裁判と時効期間

過去、金融業者から借金返還の訴訟を起こされた方は注意が必要です。訴訟を起こされた場合、訴え提起の時点で時効の進行がストップします。その後、業者側の勝訴が確定したらいままで経過した時効期間は消滅、リセットされ、新たな時効期間が再スタートすることになります。そして、その時の期間は従来の5年ではなく10年になります。

時効期間の5年を過ぎたので業者に消滅時効を主張したら、過去に訴えられていて時効が10年になっていた・・という事もあり得ます。訴訟を起こされた方や起こされたかどうか分からないが、過去に裁判所から何かの書類が送られてきた記憶がある方は注意が必要です。

時効が成立した借金の注意点

時効期間成立=借金の消滅ではない

時効期間が経過すれば借金を返済する必要はありませんが、借金が完全に無くなったわけではありません。ゾンビ状態になります。ちょっとしたきっかけで復活します。

時効期間が経過しているにもかかわらず相手の求めに応じて一部を返済したり、猶予を求めたり等借金の存在を前提とした行為をすると承認にあたり(=時効期間は経過したが借金は返済しますと承認すること)完全復活します。

裁判所からの書類に注意

貸金業者の中には、15年、20年前の借金について裁判所に訴えるものがいます。訴えがあれば訴状に形式的に問題が無い限り裁判所は受理して裁判を行うことになります。その際、裁判所から訴えが提起されたことを知らせる通知が来ます。

20年も前の借金でとっくに時効が成立していると勝手に解釈して裁判所にも行かず、答弁書も提出せず完全無視をすると、相手側に勝訴判決が出され、判決が確定すると20年前の借金が完全復活します。しかも、復活後の時効期間は10年です。無視をせず当事務所にご相談下さい。

時効による完全消滅

消滅時効を確定(=借金を完全に消滅させる)には、時効の援用が必要です。
”援用”?? 難しい言葉ですが、自分の意思・主張し相手に伝えるということです。時効を援用します!と相手に言うことで消滅時効が確定します。援用という言葉難しければ時効を主張します!でも結構です。以外は何も言わない。

ただし、言っただけでは、のちのち言った、聞いてない、のような問題が生じるおそれがあるので、証拠として時効を援用した旨の内容証明郵便を送ることが重要です。

このように消滅時効の取り扱いには注意が必要です。当事務所では、お客様に代わって時効の援用手続きも行っていますので、お気軽にお問合せ下さい。

消滅時効手続費用

消滅時効手続費用

3万円~/社
2社目以降は2.5万円~/社


消滅時効手続きにおいては、調査及び内容証明郵便の送付を行いますので、1社あたり1万円の着手金をいただいております。消滅時効が成立した場合は残金のご請求をさせていただきますが、不成立の場合は残金の請求はいたしません(着手金の返還はございませんのでご了承願います)。


借金の消滅時効についての質問集

Q1

債務(借金)が時効で消滅しているかどうやって分かりますか?

Q2

時効期間の5年が経過すれば自動的に借金は消滅するのですか?

Q3

どんな時に消滅時効の進行が中断するのですか?

Q4

時効が中断するとどうなりますか?

Q5

以前、裁判所から何か通知がきていましたが関係ありますか?

Q6

最後の支払いから5年以上過ぎていて消滅時効は成立しているはずなのに裁判所から訴訟の書類が送られてきました。無視して良いですか?

Q7

消滅時効が不成立になることがあるのですか?



Q1 債務(借金)が時効で消滅しているかどうやって分かりますか?

消費者金融会社からの貸金は5年で消滅時効が完成します。信金、信組からの貸金(事業資金は除く)、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は10年でしたが、令和2年4月1日より民法が改正され、返済期日から一律5年に統一されます。ただし、4月1日以前に借り入れしている借金は引き続き旧法が適用されます。この5年は弁済期又は最後に返済した日から計算します。例えば、弁済期が5月1日の場合、時効は翌日の5月2日から進行し、5年後の5月1日の24:00をもって消滅時効が完成します。

Q2 時効期間の5年が経過すれば自動的に借金は消滅するのですか?

自動的に消滅することはありません。債権者に消滅時効が成立したことを援用しなければいけません。援用とは、相手に消滅時効が成立したとの意思表示をすることです。相手に”消滅時効を援用します”、または、”消滅時効を主張します”と伝えることが必要です。口頭で主張した場合は、後日、その旨を記載した内容証明郵便を送付することが重要です。

Q3 どんな時に消滅時効の進行が中断するのですか?

消滅時効成立前に以下の行為をすることで、時効が中断してしまいます。中断とありますが、今までの進行はチャラになり、再度ゼロから始まることになるので注意が必要です。

①債務の承認

中断行為の中でが一番注意しなければいけない行為です。債権者との会話の中で借金が存在することを認めたり、返済を待ってもらう様な言葉を発すると承認行為となり、消滅時効が中断(チャラ)になります。電話での会話が録音されていることもあり得るので慎重に対応しなければいけません。
また、相手の要求に応じて1,000円程度の少額の返済をしたり、返済額を緩和した新たな返済計画や債務承認書等に署名することも同様です。


②請求

民法では中断事由として”請求”と書かかれていますが、この請求とは、債権者が口頭や書面で行う支払いを促すための請求ではありません。ここでいう請求とは、裁判上の請求(訴訟の提起)と支払督促、和解・調停の申立、催告(6ヶ月以内に訴訟提起要)が該当します。催告とは債権者が書面で行う支払いの督促ですが、支払い期限や訴えを提起する旨が書かれています。通常、書留や内容証明郵便で送付されてきます。債務者が受か取った日から6ヶ月以内に債権者が訴訟提起や裁判所による支払督促を行えば、受け取り時点で消滅時効が中断したことになります。よって、正式に催告書が債権者から送られてくると、後日、訴えられるおそれがあるので、無視せず司法書士等の専門家にご相談下さい。


③差押・仮差押・仮処分

財産が差押、仮差押られると消滅時効は中断しゼロにリセットされます。給与の差押も同様です。


Q4 時効が中断するとどうなりますか?

中断という用語が使われていますが、中身はリセットです。4年6ヶ月経過していようと、中断事由が生じると全てチャラになり、0日から再スタートです。ただし、訴訟提起による中断で、その訴訟が取り下げられると、訴訟による中断は無かったことになります。また、催告後6ヶ月以内に訴訟を提起しなかった場合も同様です。

Q5 以前、裁判所から何か通知がきていましたが関係ありますか?

債権者から訴訟や支払督促を提起されたおそれがあります。裁判所からの訴訟や支払督促に適切に対応しないと、知らない間に判決が確定し、時効時間は確定日から10年と伸長されてしまいますので注意が必要です。裁判所から何らかの書類が送付されたら、無視せず対応して下さい。

Q6 最後の支払いから5年以上過ぎていて消滅時効は成立しているはずなのに裁判所から訴訟の書類が送られてきました。無視して良いですか?

無視することは止めて下さい。消滅時効期間が経過していても援用をしていない限り借金は、いわゆるゾンビ状態で存在しています。訴訟を提起され裁判所にも行かず、答弁書も提出せずに放置しておくと、相手側勝訴の判決が確定し、時効期間が成立していた借金が復活します。そして、復活した借金の新たな消滅時効期間は判決確定日から10年となります。時効が成立していても、訴えられた場合は、必ず裁判所に行って消滅時効が成立していることを主張して下さい。

Q7 消滅時効が不成立になることがあるのですか?

不成立の原因は、主に記憶違いによる起算日違いにより、成立のための時効期間が足りなかったというケースです。あとは、知らないうち訴訟や支払督促が行われていて時効期間が伸長されているケースがあげられます。


<< 前のページに戻る

電話

ご相談予約フォーム

相談受付

無料出張相談

出張受付

知っておきたい事

❖相続放棄の落とし穴

相続放棄をすれば、故人の財産(不動産・預貯金等)を取得できないと同時に、借金等の負の財産についても責任を負わなくなります。相続放棄をするには家庭裁判所にその旨の申立をしなければ認められません。では、申立をしさえすれば全ての責任が無くなるか? 無くならない場合があります。
»詳細はこちら

❖遺言書では守れない家族の生活

遺言書で遺産の使い方を指定することができます。これを負担付遺贈と言います。例えば特定の家族の扶養を条件に遺産を与えるとする遺言書も有効です。しかし、遺産はもらったが面倒をみなかった場合はどうなるか。取り消すには家裁への申立が必要だったり、既に使われてしまっていたら取戻しもできません。遺言書以外の方法も検討しましょう。
»詳細はこちら

❖どうして相続が争続になるのか?

キーワードは公平感です。家族には歴史があります。相続人が故人から生前に受けた経済的支援はそれぞれ異なります。その不平等感を相続で補おうとするときに争続になってしまいます。そうならないためにも事前準備が必要です。
»詳細はこちら

❖案外怖いリボ払い

毎月の返済額が一定であることを売りにしているリボ払い。計画的に利用すれば便利な返済方法ですが、安易に利用し続けると大変なことに。
»詳細はこちら

❖時効による消滅の注意点

金融会社からの借金は、通常5年で時効が成立します。ただし、成立しただけで借金が完全に消滅したわけではありません。消滅させるにはさらに手続きが必要です。
»詳細はこちら

▶役立つリンク集◀
日本司法書士会連合会
福岡県司法書士会
法テラス

当事務所は法テラス登録事務所です。

国民生活センター
福岡県消費生活センター